バストトップ 黒ずみ

バストトップの黒ずみをキレイなピンク色にする最新ケア方法

「バストトップの黒ずみに悩んでいる」「乳首を綺麗なピンク色にしたい!」という方におすすめの最新美容クリームがあります。

 

それが、「ホワイトラグジュアリープレミアム」です。

 

乳首に塗るだけで美白成分が角質層まで浸透、黒乳首から透明感のある美白乳首になりたい方のための美容液です。

 

利用者満足度が94.8%と高く、anan・FRaUなどの雑誌やテレビ番組などのメディアでも紹介されている今大注目の美白コスメなんです。

 

↓↓ホワイトラグジュアリープレミアム公式サイトはこちら↓↓

ホワイトラグジュアリー

 

 

バストトップの黒ずみをキレイなピンク色にする最新ケア方法とは!?

 

「なんで私の乳首ってこんなに黒いんだろう・・・」

 

こんな悩みをもっている女性の方、意外と多いんです。誰にも言えずに1人で抱え込んでしまっている方がほとんどなんですね。彼氏に乳首の黒さを指摘されてしまい、ショックを受けたことがある方もいるんじゃないでしょうか。

 

実は、男性は女性以上に女性の乳首の色を気にしているんです。こんなデータがあります。

 

 

このように、女性の乳首が黒ずんでいると、男性は「遊び人」や「経験豊富」な人だと思ってしまうそうです・・・。

 

もちろん、乳首の色と遊んでいるかどうかに関係はありません。

 

黒ずみの発生メカニズムは、紫外線や衣服などの擦れ、ホルモンバランスによるものが大きいので、遊んでいるかどうかは全く関係ないのです。

 

しかし、「黒い」=「遊んでいる」そういうイメージができてしまっていることも事実なんです。

 

そんなイメージを払拭するためにも、綺麗なピンク色のバストトップを手に入れたいですよね。

 

そのためにも正しいケアが必要です。バストトップの黒ずみのケアに重要なのは以下の2つ。

 

1.メラニンを抑える

 

2.お肌のターンオーバーを正常化する

 

この2つをケアしっかりできれば、黒ずみを改善することが出来るんです。
とは言っても、お肌のターンオーバーを正常化するには運動や睡眠・食事などに気を使わなければならず簡単なことではありませんでした。

 

しかし、それを【美容液を塗るだけで】可能にしたのがホワイトラグジュアリープレミアムなんです!

 

ホワイトラグジュアリープレミアムは、炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kや乾燥から肌を守る9種類の美容成分を配合。さらに美容成分がお肌にハリ・紫外線を受けたお肌のケアをしてくれます。

 

簡単に言うと、お肌の美白に必要な保湿・お肌のターンオーバーの正常化・ビタミンの取り入れ。この3つをやってくれるんです。

 

しかも、肌に刺激的な成分は一切入っていないので、敏感肌にも安心なんですね。

 

私もホワイトラグジュアリープレミアムを使って彼氏も触りたがる(笑)理想の美バストを手に入れました。

 

 

ホワイトラグジュアリープレミアムを使ってみた!

 

実物はこんな感じです。持ち歩いてもこのデザインなのでバストトップケア用品だとバレてません。

 

私は一回塗るのにこのくらい使ってます。

 

よく肌に馴染むし使い心地もいいですよ。

 

私の場合は1ヶ月くらいでだいぶ黒さが目立たなくなりましたね。どんどんピンクに近づいていくので使っていて楽しいです。

 

 

ホワイトラグジュアリープレミアムの口コミ紹介

埼玉県 S様 20代 使用期間:3ヶ月

 

ホワイトラグジュアリープレミアムを使用して3ヶ月が経ちます。毎晩お風呂上がりに、両方の乳首に塗っています。
最初は塗り過ぎたり、逆に少なすぎたり?1ヶ月で1本を使い切る感覚が掴めませんでしたが、今はケチケチせず、ちゃんと乳輪まで覆うように使っています。よく伸びるので、1ヶ月しっかり持ちます。

 

色の経過は、

 

使用前…すごく濃いこげ茶色。
10日目…変化なし
1ヶ月…まだらだった色が均等になってきた
2ヶ月…色がより均等に。使用前よりも確実に明るく、薄茶色くらい。
3ヶ月…朱色?柔らかいオレンジ系の色。

 

という感じです。使用前、濃い茶色の時にはかなり目立っていたブツブツの乳輪腺も、全体の色がオレンジっぽくなってきたら目立たなくなりました。それから、乾燥している日にはかゆくなったりしていたのですが、これを使っていると本当に潤って、大丈夫になりました。色よりも潤いを先に実感したくらいです。

 

 

東京都 I様 30代 使用期間:3ヶ月

 

中々行く機会の無かった温泉に友人と行って来たら、自分の乳首が友人より黒くてショックを受けました。しかも友人の乳首は若干薄ピンク色でキレイだったのでそれ以降、今まで気にしていなかった自分の乳首がコンプレックスになりました…。

 

『乳首 黒い』に関してケア方法や原因などを調べていた所、ホワイトラグジュアリープレミアムが出てきました。とりあえず試してみようと思いホワイトラグジュアリーを購入。

 

数日塗り忘れていたせいか、最初の1ヶ月はあまり変化なし。とりあえず3ヶ月は続けないと、という気持ちで、2ヶ月目からは朝晩2回きちんと塗るようにしました。(朝、時間が無い時はバックに入れてトイレで塗っていました^^;)

 

すると、2ヶ月半が経った位から、黒かった乳首が若干、焦げ茶っぽくなった気がしました!そして3か月目には薄い茶色になり、バストにハリも出てきました♪

 

黒ずみが改善されるまで長い間悩まされていたけれどもコレで温泉に行っても恥ずかしくないです♪30代に入り肌のしみも気になってきたので、今度は顔にも使ってみようかと思います。

 

神奈川県 K様 20代 使用期間:2ヶ月

 

ネットで乳首の黒ずみについて、いろいろと調べていたら、某掲示板でみんなが「これすごいよ!」とお祭り騒ぎになっていて、私もホワイトラグジュアリープレミアムを試してみようと思いました。
使って2ヶ月経過。最初は忙しい朝とかは塗るのを忘れる時もありましたが、今は真面目に朝晩2回塗ってます。

 

効果の出方としては、

 

使用前→かなり濃いという程ではないが、パッと見たら充分黒い方。
10日目→変化なし。
1ヶ月目→少しツヤツヤ感が出てきた。
2ヶ月目→若干色みが明るくなってきた感じ。

 

今のところ、こんな感じです。乳首の表面が特に荒れていたというわけではないんですが、使う前と比べると滑らかになってきた感じがあります。乳首がしっかりと保水されているような感覚ですね。色はよ〜く前の色を見ていないと分からない程度ですが、トーンが明るくなってきました。

 

ホワイトラグジュアリープレミアムを見つけた時掲示板以外のクチコミなどもすごい評判が良くて、これなら充分試してみる価値はあるなと思いました。現在着々と変化が表れ始めているので、どこまで綺麗な色に近づけるのか楽しみです。

 

この他の口コミも見たいという方はこちらのサイトでも見ることができますよ。

 

 

ホワイトラグジュアリープレミアムをお得に買う方法

 

どうせ買うならお得に買いたいですよね。ホワイトラグジュアリープレミアムをお得に買うなら、公式サイトで買うのがおすすめです。

 

定期コースで注文すると、通常価格の9,980円が4,000円割引の5,980円で買うことができます。

 

送料無料ですし、最大90日間の全額返金保証もついているので安心して始められますよ。

 

その他の詳細な情報も公式サイトに詳しく解説されていますので、一度チェックしてみてください。

 

↓↓ホワイトラグジュアリープレミアム公式サイトはこちら↓↓

乳首訴求

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッケージがなんとなく白っほかったり、「ホワイト〇〇」というような商品名だったり。これらも全部美白化粧品のように認識していませんか?美白化粧品とは、美白成分がきちんと配合されているものをさします。ただ雰囲気だけで選んでいると、美白成分が入っていないこともあるので、よく確認してから購入すべきです。さて、美白成分は、どんな働きをしてくれるのでしょうか。紫外線にあたると、肌の中で「メラニンをつくれ!」という指令が出ます。そこでメラニン色素がつくられ始めるわけですが、このメラニン色素を製造するプロセスを、どこかの段階で抑えるのが美白成分の働きです。ただし同じ美白成分とはいえ、成分によって働きかけるタイミングが異なります。とかく美白というと、肌全体を真っ白にしてくれるものと思われがちですが、それは誤解です。メラニンの生成を抑えるのが美白成分の働きですから、ニキビ跡の赤みなど、メラニン色素によるものでない色は白くすることができません。ただし、ビタミンO誘導体は、ニキビ跡の赤みに有効です。「性体験が少ない女性の陰部や乳輪はピンク色で、性体験が豊富な女性の陰部は黒くなる」という俗説がありますが、これはまったく根拠のないことです。 乳輪や陰部は、生理的色素沈着部位と呼ばれ、メラニン細胞の活動が盛んな部位です。 よって大人になれば、だれでも多少はホルモンバランスの影響でメラニンが増え、また、妊娠中はだれでも黒っぱくなります。「黒ずみが気になるので、レーザーで薄くできませんか?」という人がときどきいらっしゃいますが、残念ながらできません。なぜならシミなどの色素沈着と違って、あくまで正常な皮膚の色だからです。そもそも「黒っぽいのが気になる」と訴える女性のほとんどは、見ると普通の色をしています。自然な色を黒いと思い込んでいる人も多いようです。また診察でたくさんの女性を見てきましたが、大人の女性の場合は、乳報がピンク色の人などほとんどいません。程度の差こそあれ、黒っぽいものです。あまり気にしないことが肝心です。ただし、かいてしまって乳輪が黒くなったなどの炎症性の色素沈着の場合は、ピーリングなどで薄くできる可能性があります。皮膚科で相談してみましょう。乳輪のかゆみは、じつはめずらしいものではありません。恥ずかしがらずに、まず皮膚科を受診しましょう。アトピー性皮膚炎などアレルギー体質の人は、乳輪部分にかゆみが出ることが多いようです。下着などで擦れるという物理的な刺激が原因のことも。かゆみが出ると、就寝中など無意識のうちにかきむしってしまいがちで、ひどくなるとジュクジュクした汁が出ます。また、乳輪部分の皮膚がカサカサむけてしまうこともあります。かゆみもカサカサも、基本的にはステロイド軟斉を塗って治療します。数日塗ればいったんは治まることが多いのですが、再発することもあります。再発したら、また薬などを塗って根気よくケアしていきましよう。下着を擦れにくく肌触りのよいものに替えることも必要です。

美白化粧品には、医薬部外品指定の成分が含まれているものと、そうでないものがあります。必ずしも医薬部外品のほうが効くというものではありませんが、自分で選ぶ自信のない人は、医薬部外品から選ぶのもひとつの方法です。それ以外にもまだまだたくさんの美白成分があり、それらを配合した美白化粧品も無数にあります。その中から、自分の肌に合う、そして効果のある一本を選ぶにはどうしたらよいのでしようか?「ズバリ、これです!」という答えがほしい気持ちはわかりますが、残念ながら、肌で試しながら探していくしかありません。なぜなら、人によって成分との相性があり、効果の出方が違うから。そのため、どの成分がとくに効いて、刺激が強い成分がどれなどとは、一概にいえないのです。そのほかにも、肌に合う・合わないが人によって違うこともあります。そのため、自分の肌で試して確認していくしか方法がないのです。ちなみに美容皮膚科では、ビタミンo誘導体やカモミラFなどの抗炎症効果のある成分をよく使います。かぶれにくいことと、アンチエイジング効果も同時に期待できるためです。
「夏になったら美白化粧品を使い始めよう」「日焼けしたから美白化粧品を使おう」これではシミのお手入れとしては不十分です。多かれ少なかれ紫外線は日々浴びているので、肌内部のメラニンは季節を問わず活動しています。それなのに美白ケアをほとんどしないとなると、メラニンの活動をたまにしか抑えていないことになります。できてしまったシミをなんとかするのは、時間も手間も相当かかります。美白ケアの基本イメージはシミをつくらないという「予防に専念すること」なのです。美白化粧品には、化粧水から美容液、乳液、クリーム、マスクなど、さまざまなアイテムがあります。どれを使えばいいのかと迷ってしまう人も多いはず。ここでいちばん大切なのは、美白ケアは毎日行うことなので、サラッとした美容液など取り入れやすいアイテムを選ぶのが賢明だということ。また、美白マスク(パック)を愛用される方も多いようですが、ときどきしか使わないのであれば、あまり意味がありません。美白美容液などを毎日使いつつ、マスクも定期的に併用するようにしましよう。美白化粧品は一年中使い続けられそうな使用感のよいものを選びましよう。自分にとって無理のない価格の商品でかまいません。
美白ケアにピーリングをプラスすると、より効果が高まります。なぜなら、通常の美白化粧品がメラニン色素をつくるプロセスに働きかけるのに対し、ピーリングは、できてしまったメラニン色素がスムーズに排出できるよう手助けするものだからです。できてしまったメラニン色素は通常、ターンオーバーのサイクルにのって排出されていきます。これを助けることはちょっと違う角度からのアプローチになるので、美白化粧品だけでは緩和されないシミにも試してみる価値があります。前に述べたように、ターンオーバーは加齢とともに遅くなり、メラニンが排出できなくなります。そこでピーリングを行うと、ターンオーバーを早める効果によって、メラニン色素を排出するスピードがアップすることになります。そのほかにも、ピーリングをする余分な古い角質が取れるので、美白成分の浸透が高くなるという効果もあります。とくに、ボディにできたシミは取れにくいので、ピーリングがおすすめです。
そもそも肌色というのは、角層の半透明(グレー) のフィルター、メラニン色素のイエローブラウン、血液の赤のバランスによって決まっているものです。たとえば血液に酸素が充分に行き渡っているときは、明るくピンクがかった血色のよい肌色になります。しかし血行が悪くなると、酸素不足で血液の色が暗くなり、メラニンの黄味や角層のグレー味が強くなって、くすんで見えるのです。そのため、改善としては、血行を促すマッサージがもっとも有効。マッサージクリームなどを塗ったうえで、強くこすったりせずに、やさしく行いましょう。また、ツボ押しやゃ適度な運動も全身の血行をよくするので効果的です。朝、メイクをしようと思ったら、顔色がどんよりしている・・・なんてことは、だれしも経験したことがあるはず。そんな悩みにおすすめなのがパックです。パックには、肌を密閉して有効成分を肌内にグッと押しこむ効果があり、速効性が期待できます。パックにもいろいろな種類がありますが、くすみの原因である乾燥と血行査を緩和するには保湿、またはアンチエイジングのタイプを選ぶといいでしよう。アンチエイジングのパックなら、元気のない肌に活力を与えて血流を活性化させるうえ、保湿力を兼ね備えているものもあるので一石ニ鳥です。シートタイプのパックを使うときは、使用時間の目安を守りましょう。美容液状(または乳液状)のものがたっぶりとシートに含まれているので「全部浸透するまで肌上においておきたい」と思う人も多いようですが、成分は時間内に浸透するよう設計されているので、それ以上行う必要はありません。パックのように時間をおくケアは、ゆったりと楽しみながら行うことが継続のポイントです。好きな音楽を聴きながら、アロマの香りを楽しみながら、自分が心地よくできる方法を見つけてください。
「保湿成分」と聞くと、多くの人が化粧品に配合されているもので肌の上から塗るものと思っているのではないでしょうか。でもじつは、人間の肌にはもともとうるおいを守る保湿物質があるのです。なかでも有力なのが 細胞間脂質と呼ばれるもの。これは 細胞のあいだにあって、水分の蒸発を防いでいる脂質の一種です。いろいろな脂質がまざり合って構成されていますが、その約40%を占めるのがセラミドで、最強の保湿物質といわれます。これらの脂質(保湿物質) の量が減ったりして、正常に働かなくなると、 肌内.の水分を抱えていられなくなり乾燥してしまうのです。肌の中にある保湿物質の生産量は年々、老化とともに減るため、肌は乾燥しやすくなるのです。また、 角層の水分量が減り乾燥状態が続くと、肌は硬くゴワゴワしてきます。これは、角層が厚くなっていくため。角層には本来、外の刺激から肌を守る働きがあります。乾燥とは、 角層のバリア機能が損なわれている状態なので、肌は「角層をもっとつくろう」と、細胞の生産を速めるのです。すると、その生産ピッチに追いつけない、未熟な細胞が表面に出てきてしまうことに。これではきちんとしたバリアの役目を果たさないので、角層は、さらにどんどん厚くなろうとし始めます。こうなるともう悪循環で、凸凹した変に厚みのある角層ができ上がってしまうのです。この悪循環にはまらないために行うべきケアは、保湿です。保湿成分の配合された美容液などを使っていても、まだ肌が乾燥する場合の対処法をお教えしましよう。それはズバリ、保湿成分のなかでも効果の高いセラミド配合の美容液に変えてみることです。 速効性があるセラミドは、継続して使えば肌の水分を増やすこともできるので、乾きにくい肌をつくれるのです。もし、すでにセラミド入りの美容液を使っているのに、まだ乾燥するならば、その美容液のセラミド含有量が少ないおそれがあります。使用している商品を見直すのもよいでしょう。40代以降の場合は、水分だけでなく油分も減少するため、セラミド入りの美容液の上にクリームなどを重ねて、油分も同時に補給するといいでしょう。また、ターンオーバーが高まるピーリングなどの角質ケアを続けると、もともと肌に存在するセラミドを少しずつ増やすことができます。いろいろ試して、肌に合う保湿ケアを見つけてください。